シリコンとノンシリコンの育毛シャンプー
出産後

シリコンとノンシリコンの育毛シャンプー

育毛シャンプー選びのポイントは値段やコマーシャルをしているタレントであったり人それぞれです。
最近よく出てくる決め手が『ノンシリコンであること』です。
ノンシリコンシャンプーが良いと言うのを聞いたことがある人は多いでしょう。
では、どういうところがノンシリコンシャンプーの良いところなのでしょうか。
そしてシリコン入りは悪いものなのでしょうか。

一昔前のシャンプーはシリコン入りのシャンプーが主流でした。
シリコンには髪にハリやツヤを与える成分があるため、髪を洗った後、美しくまとまった髪に仕上がります。
特にドライヤーや染髪で髪の毛に傷みが多い人はシリコン入りのものを使うとパサパサの髪の毛がまとまるようになります。
しかし、シリコン入りのシャンプーは頭皮にあまり良いとは言えません。
頭皮のかぶれや炎症、ベタつきから毛穴を詰まらせてしまいます。
頭皮の毛穴が詰まると血行が悪くなり、薄毛の原因につながります。

もしも、これから薄毛予防に育毛シャンプーを購入する場合にはノンシリコンの育毛シャンプーがおススメです。
薄毛で悩んでいる人の多くは頭皮のベタつき、脂性なことも悩みの人が多いでしょう。
洗浄力についてはどちらの育毛シャンプーでも問題ありません。
そのためどちらを使っても頭皮や髪の毛の清潔さを保つことはできます。
ノンシリコンのシャンプーの方がより頭皮トラブルを引き起こしにくいためノンシリコンの方が良いと言えるのです。

薄毛の人の中には今生えている髪の毛が抜けやすかったり切れやすかったりして悩んでいる人もいるでしょう。
これらの問題も頭皮環境を整えると治る場合があります。
先に述べたように、頭皮に皮脂やシリコンが詰まって毛穴が呼吸できなくなっていると薄毛になりやすいものです。

薄毛になる前に髪はどんどん細く弱くなってしまいます。
頭皮環境を整えるとまずはじめに今生えている髪の毛にハリやコシが戻ってきます。
ハリやコシが戻ると髪の毛は太くなり抜けにくくも切れにくくもなります。
そのため、ノンシリコンシャンプーを使って頭皮環境を整えることがとても重要なのです。
選ぶ際には、使いやすい育毛シャンプーの評判などをネットで調べてみるのが良いでしょう。ン

このページの先頭へ